バレンタインの意味や由来、起源について

バレンタイン意味由来について

バレンタインの新しい提言!

今回は
バレンタインの意味や由来など
幅広く
ご紹介していきます。

面白い話しですので
読んでみて下さい。
というか知ってて損はないです。

ではいきましょう。

Sponsored Link

バレンタインの意味や由来は?

バレンタインの始まりは、
ローマ皇帝にまで
遡ると言われています。

当時のローマ皇帝は
兵士が結婚することを禁止していました。
これに反対したのは
バレンタイン司教と言われ、
バレンタイン司教は兵士の結婚に許可を与え、
花束をプレゼントされたと言われています。

しかし、このことは
すぐに皇帝にばれてしまい、
打ち首となりました。

この打ち首が行われたのが、
2月14日だと言われています。

司教の愛の行動を称えた国民が、
その愛にあやかろうと
始まった風習だと言われています。

そもそも、バレンタインデーに
チョコレートをプレゼントする。

このような商習慣があるのは
日本だけのようですよ。

日本のバレンタインは
正反対と紹介されています

オーストラリアでは、
男性が奥さんや恋人など、
身近にいる方へ愛情を
目に見える形で表す習慣があるようです。

愛情の見える化ですね。
チョコレートではなく
お花を贈ることの方が多いようですが、
男性から女性にというのが、大きな違いですよね。

花の都パリ!
フランスはいかがでしょう?

フランスもバレンタインでは
男性から女性に贈り物をするのが、
一般的のようです。

フランス人らしいのですが、
真っ赤なバラ!や香水など、
女性が思わずうっとりしてしまいそうなものを
プレゼントするのがフランス流!

この日は、恋人や大切な方と
一緒にレストランなどで過ごすのが一般的。

個性的で、とってもロマンチックな
演出で男性が女性を喜ばせるのが
フランス流のバレンタインでしょうね。

カナダのバレンタインは?

男性から女性へ、
女性から男性へなんて
決まりがないのがカナダ流のようです。

子ども達もこの日を楽しむようで、
カードを交換したり
友達の家でパーティーが開かれたりと、大賑わい。

お母さんもこの日は張り切って、
スペシャルスイーツを作って、
お友達を迎え入れます。

Sponsored Link



訳隔てなく、誰とでも、
大切な人たちへ御礼や愛情を
伝える日になっているんですね。

では、アメリカはどうでしょう?

アメリカのバレンタインも
女性から男性へ
プレゼントするなんて習慣はないようです。

女性に限らず、
お菓子やチョコレート、キャンディ、
またはカップケーキなどを作って
カードと一緒に配ったりするようです。

大人達は恋人や夫婦など
大切な人とディナーを楽しむ日、
という程度の立ち居地のようですね。

バレンタイン意味由来について

日本の習慣の是非を
考えたいとも思いませんし、
私はこれはこれで
楽しいお祭りだと表居ますが、
男性が女性にプレゼントやお誘いをするのが、
海外では一般的なんですね。

男子のバレンタインは
「いくつもらったか?」という
競争原理が働きますが、
もうこんな数の原理は卒業して、
大切な人と大切な時間を
過ごす日と考えてみましょう。

バレンタイン当日に告白すると、
せっかく素敵な一日の
その後が悶々とした時間になるような気がしませんか?

OKなのか?
ごめんなさいなのか?

その回答がもらえたなら良いのですが、
思い切ってチョコプレゼントするなら、
その後の時間も楽しみたいですよね!

バレンタイン意味由来2

なので、バレンタインの前に告白してしまって、
2月14日は食事など
素敵な時間を過ごせるようなプランで
動いてみてはいかがでしょう?

この記事もオススメ!!
生チョコの賞味期限や保存方法って知ってる?

会社でも14日の前に
プレゼントしてしまって、
その日は飲み会にしてしまうこともできそうです。

お誕生日でもクリスマスでも
当日を楽しむイベントですから、
バレンタインも告白ではなく
その後の2人の時間を
楽しむ日にしてはいかがですか?

そのためなら、
男性から告白したってOKでしょ??

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。