テニスのルールを初心者でも分かるように説明します

テニス ルール

テニスのルールについて。

テニスと言えば男子テニスプレイヤーの
錦織圭選手が日本人として
大活躍をしていますね。

テニスに興味がある人や
テニスが分からない人にでも
理解できるようにテニスのルールを
ご紹介しますので
参考にしてみてください。

○テニスのルール

テニスとは
ラケットとボールを使ったスポーツです。




Sponsored Link

相手から飛んできたボールを
1回のバウンド以内に
相手のコート内に打ち返せばOKです。

打ち返す時は
ネットに引っかからないように打ち返しましょう。

1回のバウンド以内なので
ノーバウンドで打ち返しても
問題はありません。

【点数の数え方】

テニスはお互いに打ち返す(ラリー)
ゲームなのですが
どちらかに点が決まるのは
打ち返せずに2回バウンドしてしまった。
打ち返したがネットに
ボールが引っかかってしまった。
サーブ(最初の打つ行為)で
2回連続失敗してしまった。
(コートに入らないネットに引っかかる)

このようなことで
点数が入ります。

オススメ記事
理想の男性の外見や内面は?女性の気持ち

数え方は

0点・・0(ラブ)
1点・・15(フィフティーン)
2点・・30(サーティ)
3点・・40(フォーティ)
4点・・ゲーム


テニスは他のスポーツと
比べて点数の数え方が独特なので
覚えておきましょう。

Sponsored Link

ちなみに
4点先取で勝ちの試合なのですが
お互いが3点の40の状態
40-40の時はデュースと言って
2連続先取しなければ
いけないというルールになります。

初めは難しいので
デュースは無しでやってみるのもありです。

○シングルスとダブルス

総勢2人で行う
1:1のシングルスの試合
総勢4人で行う
2:2のダブルスの試合がそれぞれあります。

補足しておきたいのが
ダブルスになると
コートの幅が若干大きくなることです。

コートの中に
1人の場合と2人の場合
では動き方が全く違ってくるので
楽しめる幅が増えます。

テニス公式試合では
行われていないのですが
ミックスダブルスと言い
男女ペアのダブルスも存在します。

○試合の一連の流れ

先に4点取った方のプレイヤーが
「1ゲーム」取ります。
先に「6ゲーム」取ると「1セット」になります。

通常テニスで遊ぶ際は
「6ゲーム1セットマッチ」
となる場合が多いです。

他の例を挙げますと
テニスの大会である
グランドスラムにおいては
「5セットマッチ」ルール
(3セット取ったら勝ち)で試合が行われています。

関連記事
スノーボード初心者が注意する7つのポイント

テニスのルールについてまとめてみました。
初心者の場合は
無理にルールにこだわらず
まずは楽しむこを考えましょう。

テニスが楽しくなってきたら
デュースやセットマッチを
増えしてみてください。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。