七五三の意味や由来?覚えておいて損はないです

七五三 時期

七五三の意味や由来?覚えておいて損はないです


0 コメント

七五三

みなさんは子供の頃、
七五三を祝われた
経験がありますか?
七五三は小さい時の行事なので
どのような意味があり
由来など知らない
という人がいると思います。

そこで、七五三について
まとめてみましたので紹介します。

七五三はどういう意味?

七五三というのは
3歳・5歳・7歳になる
子供を祝う行事のことです。




Sponsored Link

男の子・女の子によって
祝う年齢が少々変わってきます。

◎男の子の場合は
・・・「3歳と5歳」を祝う

◎女の子の場合は ・・・
「3歳と7歳」を
祝うことになっています。

3歳は男の子も女の子も
祝っていますが
もう片方の年は
互いに違っていますね。

これはどういう
ことなのでしょうか。

祝う年齢の
意味について紹介します。

・3歳になると髪を男女共に髪を伸ばし始める「髪置」

・5歳になると男の子が袴を着始める「袴着」

・7歳になると女の子は帯(着物)を結び始める「帯解」

このような意味が
年齢によって込められています。

また、これら3つの年齢は
子供が成長していく中で
変化が起きやすい年齢でもあります

・3歳:言葉を理解するようになる

・5歳:物事を考えるようになる

Sponsored Link



・7歳:永久歯が生え始める

七五三の由来は?

七五三を祝う日は決まっていて
「11月15日」となっています。

なぜ11月15日に祝うかと言うと
江戸時代まで遡ります。
徳川家5代将軍の
「徳川綱吉」の子供にあたる
「徳川徳松」の健康を祈った
日が11月15日であり
徳松が健康に育ったため
この風習が広がっていきました。

ちなみに3歳・5歳・7歳を足すと
「15」になるという
由来もあるそうです。

七五三と千歳飴

七五三の日に食べる
食べ物として
「千歳飴」があります。

千歳飴には、親が子供に
長く生きて欲しいという
「長寿(長く伸びる)」の
思いが込められています。

縁起の良い紅白で
千歳飴が入っている袋には
「鶴亀(鶴は千年亀は万年)」の
イラストや図が入っていますね。

年齢の本数に合わせた
千歳飴を袋に入れて
配るという習慣があるようです。

七五三についてまとめてみました。
現在の七五三は
11月15日に
必ずやるというよりかは
11月中の休日や
地域によっては
10月15日にやるなど
日にこだわりが
なくなってきているようですね。

七五三の写真を撮ることで
子供の成長記録としても残るので
良い思い出づくりに
なるのではないでしょうか。

昔から行われていた
日本の風習には
深い意味が多くあります。

七五三も大事な日本文化の1つ
ということが
わかってもらえたと思います。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。