暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?気をつけるポイントは?

暑中見舞い残暑見舞い

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?気をつけるポイントは?


0 コメント

暑中見舞い残暑見舞い

夏の挨拶として
「暑中見舞い」と「残暑見舞い」は
古くから日本で行われている行事です。

みなさんは 「暑中見舞い」と
「残暑見舞い」の違いがわかりますか?

社会に出ると
夏の挨拶のマナーは
覚えておきたいですよね。

ということで、
「暑中見舞い」と
「残暑見舞い」の
違いについての
ポイントなどをまとめてみました。

Sponsored Link

暑中見舞いと残暑見舞いとは?

・暑中見舞いとは

暑中見舞いの暑中とは、
1年を「二十四節気」とした場合の
「小暑(7月7日頃からの15日間)」と
「大暑(7月23日頃からの15日間)」の
間の期間のことです。

暑さが続く中という
意味なので
「暑中」となります。

具体的に言いますと
「梅雨が明けてから立秋まで」と
覚えていてもらえれば
わかりやすいと思います。

・残暑見舞いとは

残暑見舞いの残暑とは
暑さが残っている
という意味になります。

具体的に言いますと
「立秋から8月の終わりまで」と
覚えていてもらえれば
わかりやすいと思います。

このように「梅雨」と「立秋」が
「暑中見舞い」と
「残暑見舞い」を
送る時期の決め手となります。

暑中見舞いと残暑見舞いの書き方の違いは?

Sponsored Link



先ほど違いを説明したように
似ているようで
少し意味合いが違う
「暑中見舞い」と 「残暑見舞い」。

これらを送る際に
気をつけたい
書き方のポイントをまとめました。

・文の構成

    「暑中見舞い」と
    「残暑見舞い」の
    文の構成は
    大きくは変わりません。
    このような文の構成になります。

  • 季語を使用した挨拶
  • 「猛暑の厳しい中・夏の暑さが続いていますが」

  • 相手の健康に気を使う言葉
  • 「お身体に変わりはないでしょうか。お変わりなくお過ごしているでしょうか」

  • 近状報告
  • 「私は元気に毎日を過ごしています・相変わらず元気で暮らしています」

  • 相手との今後の付き合いの話
  • 「当分は猛暑が続きますが、お身体を大切に過ごされますようお祈り申し上げます」

・「残暑見舞い」の注意点

「残暑見舞い」について
間違いがちなポイントがあります。

「盛夏」という言葉は、
暦の上で秋が始まる
ということなので
「残暑見舞い」では
合わない言葉の
表現になるのでご注意を。

季語は「立秋」や
「葉月」などを
使用すると良いです。

続けて
「暑さが残りますが・・。」と
続けていくとスムーズですね。

喪中の人への場合は
年賀状は出さない(新年の喜びを祝うため)のが
一般的ですが「暑中見舞い」と
「残暑見舞い」は
「夏の挨拶」なので
送っても問題はありません。

それでは最後まで
読んで頂き本当にありがとうございます。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。