節分そばっていつ食べるの?年越しそばとの違いは?

節分そば いつ

「節分そば」って聞いたことありますか?
一般的に「年越しそば」といえば、大晦日に
食べるそばをイメージする人が大半ではない
でしょうか?
それでは、節分そばは、いつ食べるのでしょうか?

気になることを
調べてみました。

節分そばとは


遡る事、江戸時代。
江戸時代後期では、節分に食べる蕎麦を
「年越し蕎麦」と呼んでいました。

昔は節分が、立春の前日を指し、大寒の最終日。
つまり冬から春への節目の日でありました。
その為、節分は今でいう「大晦日」
したがって、節分そばと年越し蕎麦は同じ日に
食べていた、同じものだったといいます。

Sponsored Link

節分そばの由来

関連記事
節分とは?意味や由来から豆まきをする理由まで!

節分が、季節の変わり目のことで、立春・立夏
立秋・立冬のそれぞれの前日である。

本来は4回の節分があるわけだけど、特に立春
の前日を節分と呼んでいます。
前記説明のとおり、立春の前日が節分で、節目
の日である大晦日が節分だった為、「節分蕎麦」
は、「年越し蕎麦」と呼ばれていました。

昔、節分行事の炒り豆やヒイラギの枝に鰯の頭を
刺したものと同じように、立春の前日に各家庭
で、親しまれ用意されていたものだったのです。

現在でも出雲地方では、節分蕎麦を食べる
習慣が受け継がれており、スーパーやお蕎麦屋さん
が簡単に節分そばの由来のポスターを掲示して販売
しているそうです。

Sponsored Link

節分そばの作り方

節分そばの由来がわかったところで
節分そばを作ってみましょう。
なんだかお腹がすいてきました・・・

材料(2人前)

・そば(乾麺) 200g
・豚薄切り肉  150g
・生しいたけ  2枚
・長ネギ    1本
・サラダ油   大さじ1
・ヤマサ昆布つゆ 120ml 水600ml

作り方

1、鍋にたっぷりの湯を沸かして、そばをゆで、
 流水で洗ってざるにあげ水気をきる。

2、豚薄切り肉は、一口大に切って、生しいたけ
 は、軸をとり細切りにします。

3、長ネギは斜めぎりにする。

4、鍋にサラダ油を熱し、豚肉を炒め、肉の
 色が変わったら、昆布つゆと水を加えて煮立てる。

5、アクをとり、そばと長ネギを入れ、ひと煮立ち
 したら火をとめ、器に盛る。

以上で出来上がりです。

皆様、試してみてはどうですか??

最後に、
節分そばの由来を探ると、昔の人の習慣
がわかり、歴史を知る上でいいことだと
思います。
とっても趣深いですね。

今では、大晦日に食べる「年越し蕎麦」
年越し蕎麦を食べないと年を越せないと
いう方が大勢いると思います。

もうすぐ年末、新しい年のスタートを
きる前に、是非とも年越しそばはかかせない
ですね。昔の方も同様、節分そばを食べないと
年を越した気がしないという方がいたのでしょうか?

節分に年越しそばを
食べてみるのもありだと思います。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。