節分の豆まきの作法は?

節分 豆まき 作法

節分の豆まきの作法は
ご存知でしょうか?

節分といえば、なんといっても
「豆まき」
皆、子供の頃2月4日に豆まきをして、
「鬼は外、福は内」といって
親が鬼になり、豆まきをした経験を
誰もがお持ちだと思います。

豆をまき終わったあと、年の数だけ
食べる。拾って自分の年の数だけ食べる
が楽しみでした。

でもそもそもの節分とはどういうもの
でしょう?
節分の由来や意味、豆まきの作法など
一緒にみていきましょう!!

Sponsored Link

節分の意味

関連記事
節分とは?意味や由来から豆まきをする理由まで!

節分とは、雑節の一つで、季節の変わり目
の目安となる日のことです。
つまり各季節の始まり(立春・立夏・立秋・立冬)
の前日のことです。

ここで節分とは、「季節を分ける日」であり
旧暦では、立春が元日ですから、
節分は今でいう「大晦日」にあたります。

節分は、大寒の最後の日である為、
寒さは、この日がピークの時期ですね。

豆まきの意味

関連記事
節分そばっていつ食べるの?年越しそばとの違いは?
季節の変わり目には、邪気が入りやすい
と考えられており、豆まきには、
「邪気を追い払う」意味があります。

新しい年を迎える前に邪気を払って、
福を呼び込む為に、宮中行事として、
ついなとう行事が行われるように
なり、(鬼やらいや厄払いとも呼ばれます)
その行事の一つ豆打ちの名残りが豆まき
という訳です。

豆まきの仕方

豆まきの仕方は、千差万別!

我が家のルールというのもある
と思いますが、ここでは
典型的な豆まきの仕方をお教え
します。

福豆を用意します

豆まきをする時は「炒った豆」を使いましょう。

「魔目(豆)」を「炒る(射る)」
ことは、鬼退治につながります。
今では、最初から
炒った豆が売られていますね。

Sponsored Link



生の豆を使って拾い忘れたものから
芽がでてしまうと縁起が悪いとされて
るので、絶対炒った豆を使いましょう。

※ 地域によってか、家庭によってか
節分に落花生を撒くところもあるようです。


豆まきの前には、神棚や高い
ところにお供えし、神様のお力を
いただく。

豆まきは夜に行う。

豆まきは夜に行う。

豆を撒くのは、一家の長

家族全員揃ってから行いましょう。
家長不在の場合は、年男、年女、厄年
の人が豆まきをする場合もあります。

「鬼は外、福は内」と豆を撒く

家の玄関や窓を開けて、「鬼は外」
と豆を撒き、撒き終わったら、鬼が
また家の中に戻らないように、戸を
閉めて、「福は内」と言って、家の中
に撒きます。

豆を拾って食べましょう。

豆まきが終わったら、豆を拾って、
自分の歳よりも一つ多く豆を食べます。

節分は大晦日にあたるとされているので、
年が明ければ、一つ歳をとるという意味
から、一つ多く食べるそうです。

豆を食べると、身体が丈夫になり、風邪
を引かないという言い伝えもあります。

~まとめ~
豆まきの伝統行事は、大人から子供へ
代々受け継いでいってほしい伝統行事
です。
最近では、豆撒きはしないけど、節分
に「恵方巻」を食べるご家庭も多いと
思います。

恵方巻おいしいですよね。
巻き寿司を切らずに一本丸ごと
食べるのは「縁を裏切らない」と
いう意味がこめられているそうです。
2003年以降、全国のスーパー、
コンビニで販売され宣伝されたことから
節分には恵方巻を食べる風習が急速に全国
に広まりました。
私達が子供の頃には、節分の日に
恵方巻(巻き寿司)の習慣はまったく
ありませんでしたが、豆撒きにせよ、
恵方巻にせよ、節分という行事を
楽しんで、続けていってほしいと
願っています。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。