節分とは?意味や由来から豆まきをする理由まで!

節分とは

節分とは?意味や由来から豆まきをする理由まで!


0 コメント

節分とはどういうこと?

毎年2月3日に
日本各地で行われる行事「節分」。

節分とはどういった
意味や由来があるのでしょうか?

知られているようで知らないことが
あるかもしれません。

また、豆まきの理由についても
気になりますよね。
ということで節分についてまとめてみました。

Sponsored Link

節分とは?

関連記事
節分の豆まきの作法は?

節分とは
「季節の移り変わりの節目(季節の前日)の日」
とされていました。

季節の移り変わりなので
1年に4回ありました。
(立春・立夏・立秋・立冬)

中でも春の始まりとなる
時代が進むに連れて
あまり節分が祝われなくなってきたのですが
立春は特にめでたいと言われていたため
「節分=立春」
とイメージが付きました。

このイメージは
室町時代あたりから
既に付いていたとされているので
現代を生きる私達が節分といえば
2月となるのは当たり前といえば
当たり前となりますね。

節分での豆まきの理由は?

関連記事
節分そばっていつ食べるの?


節分は季節の
移り変わりの節目と先ほど書きました。

季節の変わり目というのは
邪気が入りやすいと
考えられていました。

邪気払いのために
「豆打ち」と呼ばれる
厄祓いの行事が採用されたようです。
また、節分の
豆まきには鬼が登場します。

何故、鬼に
豆をぶつけるかと言うと
「形の見えない災害や病など」
を鬼の仕業として認識されていたからです。

Sponsored Link



鬼に豆をぶつけて
追い払うことで厄祓いをして
福を呼び込もうという
行事となっています。

節分の豆まきのやり方

豆まきの一般的な
やり方について紹介します。

・豆まきは夜行う

鬼は真夜中にやって来るから

・鬼は外、福は内の掛け声

窓を開けて外に向かって
鬼は外と言って豆をまいた後は
すぐに窓を閉め部屋の中で
福は内と言いながらまきましょう。

家の奥の部屋から
順番に行っていき、最後は玄関です。

■豆を食べる数

豆まきの最後に
自分の年齢に+1の豆を食べる
(数え年で食べます)

この他にも地域によって
独特な豆まきの
仕方があるようです。
(落花生をまくなど)

○節分に何故 恵方巻き?

    恵方巻きには7種類の具材が
    使用されていて
    「7」という数字には七福神の
    意味が込められています。

    そんな縁起の良い食べ物である
    恵方巻きには食べ方のルールがあります。

  • ・1本のままで食べる
  • 包丁で切らない

  • ・恵方を向く
  • 毎年方向が変わりその年の幸福を司る
    神様のいる方向を向くのが普通です。

  • ・喋らずに願い事をしながら食べる
  • 喋ってしまうと
    運が逃げてしまうと
    言われています。

節分についてまとめてみました。
節分は厄祓いをして
幸福を呼ぶ行事なので
次の節分は家族で
豆まきをしてみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。