社長秘書の業務や年収について

社長秘書 業務

社長秘書になるには?
仕事内容や年収についても。

社長秘書という職業は
少し憧れる職業でもありますよね。
しかし社長秘書になるには
秘書にならなければいけないのか。

では、秘書には
どうやったらなれるのかなど
社長秘書になるための方法や
社長秘書の仕事内容や年収についても
まとめてみましたので参考にしてみてください。

○(社長)秘書は新卒採用ではほとんどなれない

秘書になるには何か特別な
資格が必要ということではありません。




Sponsored Link

学校を卒業後に企業の秘書として働くことは
可能なのですが実際に新卒で秘書を
採用している所はほとんど無いようです。

採用していない理由は
社会人としてのスキルや経験が無いため
新卒の採用がされていない理由となっています。

【秘書になるには事務担当として入社する】

事務担当に入社してそこで
ビジネスマナーやスキルを
積むことで秘書になれるようになります。

オススメ記事
人当たりがいいとは?どうすれば人当たりよくなる?

○秘書になる人が取っている資格

秘書をやっている人は
「秘書士・上級秘書士」の称号を収得していたり
「秘書技能検定・CBS検定」の資格に挑戦しています。

ただし、称号を収得&資格を持ち
だからと言って秘書になれるかとは限りません。

あくまでも秘書の仕事をする上で役立つスキルです。

Sponsored Link



社長秘書になるには秘書として経験を積んで
行くことが必要です。
コミュニケーションスキル
実務経験だけでなく
ビジネス英語力も必要となってくる場合もあります。

○秘書に必要なスキル

秘書に必要なのは
スケジュールのズレやミスの無い
正確さと身だしなみなどのマナー。

そして、アクシデントやハプニングが起こった時も
冷静に事をまとめる能力が必要となります。
几帳面な性格の人が秘書に適職だとされています。

○社長秘書の仕事内容は?

社長秘書の主な仕事内容は
・スケジュールの管理
・電話の対応
・来客対応
・書類の作成
・その他社長のサポートです。

○社長秘書の年収は?

社長秘書の年収を秘書と比較してみました。

・秘書 未経験
「(年収)250万円~350万円」
・秘書 派遣社員
「(時給)1.500円~2.000円」
・社長秘書
「(年収)500万以上~?」

秘書はスキルや資格、
実務経験を重ねれば重ねるほど
昇給して行くシステムのようです。

一般企業の秘書でも社長秘書になることが
できれば年収600万円という所もあるとのことです。

社長秘書についてまとめてみました。

秘書になってからも自分磨きをして
スキルアップをすれば頑張った分だけ
目に見えて返って来るので嬉しい職業です。

秘書に興味がある人は
是非、参考にしてみてください。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。