花粉症で頭痛になった時の対策や解決法は?

花粉症の頭痛 対策

花粉症で頭痛になってしまう
原因は?解消法や対策について
調べていきます。

鼻水やくしゃみが止まらず
困ってしまう花粉症。

一見、花粉症と関係無いように
思える「頭痛」ですが
実は花粉症と関係があります。

花粉症による頭痛に
なってしまう理由や
頭痛を和らげる解消法や
対策についてまとめて
みましたので紹介します。

Sponsored Link

花粉症と頭痛の関係は?

花粉症と頭痛の関係の
きっかけとなるのが
「鼻づまり」です。

通常、鼻からウィルスが
侵入してくると
鼻の粘膜によって
ウィルスを防いでくれます。

しかし、花粉症によって
鼻の粘膜が乾燥してしまい
ウィルスが付着して
炎症を起こします。

この炎症が進行すると
鼻の奥にある
「鼻腔」と呼ばれる箇所に
膿が溜まり
「副鼻腔炎」に
なってしまいます。

副鼻腔炎になってしまうと
発熱を引き起こして
頭痛にも関係してきます。

また、鼻づまりから
空気が上手く吸えなくなり
酸欠状態になってしまい
頭痛を引き起こす場合も
あります。

花粉症での頭痛の解消法は?

花粉症の頭痛 対策

花粉症の影響で頭痛に
なってしまった時は
まず、副鼻腔炎を
治さなければいけません。
副鼻腔炎が
治っていなかったら
花粉症が治っても
頭痛が治まりません。

そのため副鼻腔炎を
治す方法を紹介します。

Sponsored Link

・鼻うがい

副鼻腔炎に1番効果が
あると言われています。

鼻うがいのやり方は
生理食塩水を作ります。
(水2リットルに対して
18グラムの塩を入れます)

このぐらいの割合ですと
鼻に入れても
痛くない分量です。

次に、下を向いて
片鼻を塞ぎもう片方の鼻で
ゆっくり生理食塩水を
吸い込んでください。

吸い込んだ生理食塩水が
鼻の奥の方まで進んだら
姿勢を変えずに
顔を上に傾けてから
吸い上げた
生理食塩水を出します。

もう片鼻も
同じようにやりましょう。

鼻うがいに慣れてきたら
鼻から口へ
出してみてください。
3回~5回ほど
鼻うがいができると
理想的です。

鼻うがいが終わったら
軽く(強いと
耳管に水が行ってしまいます)
鼻をかみましょう。

生理食塩水を出しきれたら
鼻うがい終了です。

花粉症で頭痛にならないようにするには?

花粉症で頭痛にならない
ように防ぐには
花粉を鼻に
近づけないことが大事です。

そのため外出時は
マスクを
付けるようにしましょう。

マスクは鼻だけでなく
喉の対策にもなるので
メリットが大きいです。

また、加湿器や
温かい飲み物で
加湿してあげると
少々楽になります。

緑茶は雑菌の抑制にも
なるのでおすすめです。

花粉症で頭痛になってしまう
原因や解消法、対策に
ついてまとめてみました。

3月~5月は
花粉の期間なので
油断せず花粉症の
対策をしましょう。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。