ムダ毛処理で肌を痛めない簡単に出来る3つの方法をご紹介

ムダ毛処理

ムダ毛処理で肌を痛めない簡単に出来る3つの方法をご紹介


0 コメント

ムダ毛処理

肌を痛めないムダ毛処理の仕方は?

秋や冬のシーズンは
重ね着が増えて
肌の露出は少ないですが、
春が来て夏が近づいてくると
自然と肌の露出も
多くなってきますよね。

肌を出さないことで
ムダ毛の剃り忘れなどに
困ったことはありませんか?

レーザー処理や永久脱毛は、
値段が高いことや、
少し怖いような感じがして
嫌だという人。

Sponsored Link

こまめにムダ毛を
処理すると肌への
ダメージもきになりますよね。

ということで、
肌を痛めないような
ムダ毛の処理方法に
ついてまとめてみました。

肌を痛めないようにするムダ毛の処理方法~3つの処理方法別~

【カミソリを使う方法】

カミソリを使う前のを準備をして
「切れ味の良いカミソリ」を用意しましょう。
切れ味が悪いと
肌へのダメージが
大きくなってしまうので
必ず揃えていただきたいです。

ムダ毛を処理する前に
「蒸しタオル」を使って
皮膚を温めておきましょう。

石鹸やボディーソープは
使わないほうがよいです。
油分を多く落としてしまうため
肌荒れへとなってしまいます。

毛の流れに逆らわず
剃るようにしましょう。

【毛抜きを使う方法】

顔の周りなど
細かい部分には
毛抜が良いですね。

Sponsored Link



毛抜を使用する前は
「肌を清潔」な
状態にしておいてください。

毛を抜いたところから
細菌が入って
炎症してしまうことを防ぐためです。

毛を抜くときのポイントは
「手で皮膚を広げる」ことです。
カミソリ同様、
毛の流れには
逆らわないようにしましょう。

毛抜を使用した後に、
抜いた箇所が
赤くなってしまった場合は
「冷やしたタオル」で冷やしましょう。

【脱毛クリームを使う方法】

広い範囲のムダ毛を
処理するときに
使用する脱毛クリーム。

こちらを使用する前には
「パッチテスト」を
「毎回」行ってください。

1回パッチテストしたから
もうしないのではなく、
体調というものは
日々変化するので
「毎回」やることをおすすめします。

皮膚の表面は
「乾いた状態でたっぷり」と塗りましょう。

脱毛クリームを使用した後は、
肌が敏感になっているので
刺激物(制汗剤・日焼け止め)などの
使用は控えておきましょう。

肌を痛めないようにする
ムダ毛の処理方法に
ついてまとめました。

これらに共通して言えることは、
「十分な保湿と清潔を保つ」が
重要ということです。

処理をするとどうしても
肌はデリケートになりやすいので、
刺激を与えないように
することが大事ですね。

例えば薄着が多い夏に
炎症した肌というのは
恥ずかしいですもんね。

ムダ毛の処理の後は、
しっかりとケアをしておきましょう。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。