文字を綺麗に書くコツは?簡単にポイントをまとめました

文字を綺麗に書くコツ

文字を綺麗に書くコツは?簡単にポイントをまとめました


0 コメント

文字を綺麗に書くコツ

大人になり社会にでると
自分の字が人の目に触れる機会が
増えてきますよね(手紙や書類など)。

相手に伝わりやすく
恥ずかしい思いをしないためにも、
綺麗な文字を書けるように
しておきたいですよね。

ということで、
綺麗な文字を
書けるようにするやり方や
ポイントについて
まとめたので紹介したいと思います。

Sponsored Link
簡単に文字を綺麗に書くコツのポイント

・持ち方のポイント

親指と人差し指と中指で
三角形を作るイメージで
持ってください。

指は縮めずに
伸ばした状態が好ましいです。
ギュッと力を入れて書くのではなくて
ゆったり力を抜いて
書くことで持ち手が安定します。

力を入れ過ぎると
字が書きにくくなるのと
すぐに手が疲れてしまいます。

・手の位置のポイント

字を書く際に紙と手の
接地面を意識してみましょう。

小指の第1関節と
手首の外側が付いていると
字をスムーズに
書くことができます。

・肘のポイント

肘をじっと同じ位置で
キープしてしまうと
手首と指先で
字を書くことになります。

そうすると
字がよれよれに
なってしまいがちなので
肘は固定せずに
リラックスした状態で書きましょう。

Sponsored Link



・漢字とひらがなのバランスのポイント

文章を書く時に
漢字は大きめに
ひらがなを小さめに書くと
綺麗なバランスになります。

漢字を1に対して
ひらがなを0.8の
大きさを基準にしましょう。

・漢字を書く時のポイント

漢字の「へん」と
「つくり」のバランスに
強弱を付けると綺麗に見えます。

左の「へん」より
右の「つくり」の横幅を
2倍にすると
バランス良く見えます。

そして、基本的に
上下の漢字のバランスは
同じようにすると良いでしょう。

・書く前のポイント

字をただ書くだけでなく
書く字を頭でイメージしてから
書くことで
綺麗な字を書けるようになります。

・見方のポイント

字を縦書きで書く場合
右目の位置に基準にして書くと
ペンの持ち手が
毎回同じになるので
綺麗なバランスで
書くことができます。

・字を書くスピードのポイント

早く書くとどうしても
バランスや細かい所が
汚くなりがちです。

ひらがなを書く時は
曲線をなめらかに
漢字の「止め」「はね」「はらい」を
意識して書きましょう。

文字を綺麗に書く
コツについてまとめてみました。

字を書く時に
正しい書き順で書くことも
綺麗にするコツでもあります。

クセや思い込みで
間違った書き順を
覚えたままの人が
多いようです。

なので、書き順も
意識しながら書くことで
綺麗な文字を書けることに繋がります。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。