結婚式のスピーチでの注意点は?スピーチの流れをご紹介

結婚式スピーチ

結婚式のスピーチでの注意点は?スピーチの流れをご紹介


0 コメント

結婚式スピーチ

結婚式の中でスピーチをする
プログラムがありますよね。

正式な場での
スピーチなので
どのようなことに
気をつければ良いのか
悩んでしまうことも
あるのではないでしょうか。

いくつか注意点が踏まえて
全体的なスピーチの流れを
紹介したいと思います。

自分が結婚を考えている場合は
こちらの記事をどうぞ!

Sponsored Link

結婚の準備期間はどのくらい?具体的に何をすれば良いの?

それではいきましょう。

○結婚式のスピーチの構成は?

まず、結婚式の大まかな
流れを紹介したいと思います。
4つに分けましたので、
工程に分けてスピーチを
考えると作りやすいですね。

・はじめの挨拶

スピーチの最初は、新郎新婦や
2人の親族にお祝いの
言葉を言いましょう。

「◎◎くん◎◎さん本日は誠におめでとうございます」

・自分の話

軽くで良いので
自分との関係を話すと良いです。

「中学校からの同級生や会社の同僚など。」

・メインの話

新郎新婦の人柄が
分かるような
エピソードや
仕事ぶりなど、聞いている人が
気持ちよく聞けるような
話題を話しましょう。

・励ましの言葉

最後に新郎新婦に
励ましの言葉と
共に結びの言葉を話して
スピーチを終えましょう。

Sponsored Link



「2人で仲良く手を取り合い幸せな家庭を築いてください。本日はおめでとうございます。」

スピーチの注意点

結婚式のスピーチで
注意したい点についてまとめました。
以下の点に注意して
スピーチ構成しましょう。

・時間配分

スピーチはどんなに話しても
「5分以内」には
終わらせるようにしましょう。

理想的な長さは「
3分前後の800字~12.00字ほど」です。

話したいことは
たくさんあるかもしれませんが
だらだらと話さずに
コンパクトにまとめてみましょう。

・話さないほうが良い話題

政治や宗教の話は
避けるようにしてください。

政治や宗教の話というのは
人それぞれ考えが違うので
雰囲気を悪くしてしまうので
話さないようにしましょう。

・上司や友人がスピーチする際の注意点

上司の人に注意してほしいのが
「自分の自慢話や会社の話題」

主役は新郎新婦の2人なので
自分の話題をたくさん
するというのは避けましょう。

また、あまり関係のない会社の
宣伝なども結婚式の
スピーチには合いません。

友人に注意して欲しいのが
「暴露話や下品な話」

付き合いが長いと
色々な話題があると思います。
恥ずかしい話や
下品な話は仲の良い人は
楽しいかもしれませんが
結婚式では
合わないので注意しましょう。

また、仲が良く
普段ニックネームで
呼んでいる人でも
スピーチでは正式名で
呼ぶのがマナーとされています。

結婚式のスピーチの
注意点などについて
まとめてみました。

シンプルに多くの人が
聞いていて
心地良いような
スピーチを目標に
スピーチを作ってみましょう。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。