結婚式の費用の内訳は?少しでも安くする方法もご紹介

結婚式費用相場

結婚式の費用の内訳は?少しでも安くする方法もご紹介


0 コメント

結婚式費用相場

近年の結婚式は
プランや式の挙げ方が
多様なものになりました。

結婚式の平均的な
費用が気になりますよね。

また、その内訳とは
どのようなものに
なっているのでしょうか。

それと合わせて、
結婚式を少しでも
安くする方法などについても
まとめてみましたので
紹介したいと思います。

Sponsored Link

○結婚式の費用

結婚式の費用は
招待するゲストの
人数によって
多少変化するようですが
「300万円~350万円」が
平均的な費用とされています
(招待するゲスト70人~80人)。

その内訳というのは
どのようになっているのでしょうか?

■結婚式の内訳

  • 結婚の挙式料
  • 約30万円弱

  • 新郎の衣装
  • 約16万円

  • 新婦の衣装
  • 約45万円

  • 招待ゲストの食事
  • 約2万円

  • プレケア(ブライダルエステ
  • 約9万円

  • 引き出物
  • 約6千円

  • ブーケ
  • 約3万円

  • プレケア(ブライダルエステ
  • 約9万円

  • 会場の装飾
  • 約20万円弱

  • 写真やビデオ撮影
  • 約40万円弱

このような内訳となっています。

結婚式の費用を節約する方法は?

招待するゲストというのは
簡単に削れるものでは
ありませんよね。

結婚式で着るドレスも
女性は拘りたい所でもあります。

そうなると
どのような所を
節約していけば良いのでしょうか。
いくつか節約法を紹介します。

Sponsored Link



・良いプランナーを見つける

まず一緒に結婚式を
組み立てていく
プランナー選ぶが大事です。

費用の内訳について
細かく説明してくれる
プランナーや、
見積もりを細かく出してくれる
プランナーが信頼できます。

節約をしたいという要望に
協力的なプランナーを見つけましょう。

・結婚式の日にち

結婚式にはオフシーズンがあります。
ジューンブライドなどと
聞いたことがあると思いますが
人気が集中すると
料金も高くなってしましまうのでご注意を。

真夏や真冬などが
比較的安いようですね。

また、結婚式は
「大安」の日が
人気となっています。
「仏滅」の日は
結婚式が少ないと
されているので、
価格も安めでおすすめです。

・自作できる所は自作で

プロのカメラマンや
編集の業者に頼むと
料金がグッと上がってしまいます。

最近では、新郎新婦が
オリジナルのムービーを作るなど
手作りな感がある演出も人気です。

夫婦2人で協力して作ることで
節約にもなり
思い出にもなりますね。

結婚式の費用について
まとめてみました。

結婚指輪についてはこちら!

結婚指輪の相場・婚約指輪との違い・おすすめブランドの紹介

人生の中で大事なイベントである
結婚式の費用というのは
お金をかけて良いものにしたい
気持ちと節約したい
気持ちがあると思います。

お金をかける所はかけて
節約できる所は
節約をできれば
理想的な結婚式ですよね。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。