インフルエンザの種類や特徴をご紹介

インフルエンザ 種類 特徴

インフルエンザの
種類の特徴や予防法について!

寒い季節になると流行し始める
インフルエンザ。
インフルエンザに
感染してしまうと
40℃を超える高熱に
なってしまう可能性があるため
気をつけなければいけません。

インフルエンザには
どのくらいの
種類があるのでしょうか?

また、インフルエンザの
治し方や対策についても
気になりますよね。
ということで、
インフルエンザについて
まとめてみました。

Sponsored Link

インフルエンザの症状は?

インフルエンザは
風邪の症状よりも
症状が重いので
これらの
症状で判断してください。

・潜伏期間は1日~3日
・38度以上の熱
・悪寒、頭痛、喉、下痢
倦怠感などの症状

インフルエンザの種類は?

インフルエンザ 種類 特徴

【関連記事】
ノロウイルスの症状や対処法

人に感染する
インフルエンザは
大きく分けて3つです。

A型

インフルエンザの
全体の約58%を占めるのが
A型のインフルエンザです。

突発的の異変によって生まれ
従来の形とは違っています。
毎年流行すると言われている
ものがこちらに当たります。

B型

A型ほどではないが
2年に1度くらい
流行するのがB型です。
規模も比較的少なく
症状も軽めとなっています。

C型

あまり流行が起きないのが
C型の特徴です。

Sponsored Link



また、季節に関係無く
5歳以下の子供に
感染することが
多いのですが
症状が現れないことも
あります。

インフルエンザの治し方

インフルエンザに
なってしまった時の
自宅での
治療方法を紹介します。

【関連記事】
風邪を引くとあんぜ関節痛になるのか

インフルエンザの場合
体調の悪化を無理に
市販の風邪薬で治そうと
飲んでしまうと逆効果に
なってしまう
恐れがあります。
(医師に相談)

寝ている部屋で
インフルエンザの活動を
抑えるために
湿度を50%~60%に
保つようにしましょう。

そして、十分な睡眠と
消化の良い栄養も
摂取できるよう
心がけてください。
液体(おじや、スープ)
などにして食べると
食べやすく
栄養と水分を
効率よく摂取できます。

■インフルエンザの対策

    インフルエンザの
    感染ルートは2つあります。

  • 「接触感染」
  • インフルエンザに
    感染している人が
    咳やくしゃみをした手で
    ドアやつり革を触る。
    その触れた物に触れたまま
    手で食べ物を食べてしまう。

  • 「飛沫感染」
  • 咳やくしゃみと一緒に
    ウィルスが飛んでいき
    ウィルスを吸い込んでしまう。

インフルエンザはこれらの
感染ルートがあります。
インフルエンザの感染を
防ぐために
外にいる時は「マスク」
帰宅したら手を
しっかりと石けんで洗う。
うがいをする。
と意識するだけで
グッと感染する可能性を
下げることができます。

インフルエンザに
感染してしまったら
マスクはマナーとなります。
自分以外にも感染者を
増やさないという
努力もするようにしましょう。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。