ふくらはぎのツボ押し効果で脚やせしよう!

ふくらはぎツボ脚やせ

ふくらはぎのツボ押し効果で脚やせしよう!


0 コメント

ふくらはぎツボ脚やせ

ふくらはぎの
ツボを刺激して
脚痩せしよう!

とくに体重が変わっていないのに
太ったと感じた
ことはありませんか?

それは体重計が
壊れているわけでも
目の錯覚でもありません。

その原因は
「むくみ」です。

Sponsored Link

脚のツボを刺激して
むくみを解消して
スリムな脚を
手に入れましょう。

脚痩せの
ツボについてまとめました。

◯なぜ「むくみ」が起きるのか

私達は普段の生活で
「立ち」で過ごしている
ことが多いですよね。

「立ち」と「地球の重力」の力で
体内の水分(成人で2/3が水分)が
身体の下へと
向かっていってしまいます。

その状態が続くと
全身の水分が
脚へと溜まっていってしまうのです。

これが「むくみ」
になります。

体重が増えていなくても
太く見える原因はこの状況です。

◯むくみを解消して脚を痩せさせよう

脚へと溜まってしまった水分。

水分は、どんどん溜まっていき
「むくみ」が自然と取れる
ということは中々ありません。

身体の中には
多くのツボが存在しています。
脚であれば手も届きますし
気軽にどこでも
押すことができます。

脚のツボを押すことで
身体の循環を
整えることができるので
自然とむくみが
取れるようになります。

ツボとその効果を説明します。

◯脚痩せのツボ

Sponsored Link



ふくらはぎのツボを押して
筋肉に溜まっている
老廃物を取り除いて
脚痩せをしましょう。

老廃物を取り除くだけでなく
脚の疲れにも効果あります。

  • ・委中(いちゅう)
  • ひざの裏側部分
    真ん中にあるのが「委中」です。

  • ・承筋(しょうきん)
  • 委中と承山の中間
    1番ふくらはぎが
    盛り上がった
    部分になるのが「承筋」です。

  • ・承間(しょうかん)
  • 承筋と承山の中間
    真ん中にあるが「承間」です。

  • ・承山(しょうざん)
  • ふくらはぎの筋肉の
    1番下の部分にあるのが「承山」です。

    ふくらはぎとアキレス腱の
    間にある筋肉で、ふくらはぎに
    力を入れると見つけやすいです。

    このツボは、ふくらはぎが
    つった時に和らげる
    ツボとしても効果があります。

    筋肉質で悩んでいる方はこちら!
    筋肉質な人の脚やせ方法って?諦めるのは早い!


◯ツボの押し方

椅子に座った状態で
親指以外の指で
ふくらはぎを使って
押してあげましょう。

押す順番は
先ほど説明をした順番で
「委中・承筋・承間・承山」です。

イメージとしては
身体の内側から
外側からへ向けて
押していくという感じです。

左右のふくらはぎを
2分間やりましょう。

身体が温まっている
状態(お風呂)の時にやると
更なる効果アップが期待できます。

身体の老廃物を取り除くことは
脚痩せにもつながりますが
身体の健康にも繋がるので
一石二鳥のツボマッサージですね。

短時間でできるので
お風呂の湯船に
浸かりながら
やることをおすすめします。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。