ひな祭りの由来や起源は?4つの豆知識も是非覚えて下さい

ひな祭り 由来

雛祭り

3月3日は桃の節句【雛祭り】です。
雛祭りの由来や起源は
いつどんなことから
始まったのでしょうか。

雛人形の
由来についても
気になります。

そこで、今回は
雛祭りについて
まとめてみましたので
ご紹介したいと思います。

Sponsored Link
雛祭りの由来と起源

雛祭りは
平安時代から
生まれたと伝わっていて
5つの節句が
日本では行事として
祝われていました。

桃の節句に当たるのが
「雛祭り」となっています。

■ちなみにですが

  • 1月7日が「七草粥」
  • 3月3日が「桃の節句」
  • 5月5日が「端午の節句」
  • 7月7日が「七夕まつり」
  • 9月9日が「菊の節句」

このようになっています。

平安時代の当時は、
庶民の中では
雛祭りが行われておらず
貴族の子供(女の子)の
遊びごととして
行われていました。

そのため
雛祭りじゃなく、雛遊びと
呼ばれていたそうです。

雛人形の由来は?

貴族の子供の中で
「雛遊び」が流行っていた頃に
川に紙で作った人形を流す
「流し雛」という行事があり
「災厄除け・守り雛」という
ことがされてました。

時代が経ち、江戸時代に
「雛遊びと流し雛」が合わさり
「雛祭り」として
広まるようになりました。

Sponsored Link



雛人形は、
悪い物(厄)から
守ってくれる
物となっています。

雛人形についての豆知識

・豆知識その1

【雛人形のお雛様とお内裏様は「皇后と天皇」を表した姿】

ちなみに
お雛様の年齢は
18歳の時の顔だそうです。

・豆知識その2

【雛壇の順番は決まっている】

雛壇の並び順は
以下の通りとなっています。

1段目「お雛様・お内裏様」
2段目「3人官女(お世話係)」
3段目「五人囃子(楽器や謡でにぎやかす)」
4段目「随身(お雛様・お内裏様を守る)」
5段目「仕丁(雑用係)」

の5段が一般的な
雛人形の飾り方です。

・豆知識その3

【雛壇が赤い理由は神社の鳥居と同じ意味】

神社の鳥居の色は
「赤」で魔除けの意味が
あるとされています。

先ほど紹介した雛祭り
雛人形の由来と起源を知ると
分かりやすいですね。

・豆知識その4

【雛人形は嫁入り道具】

昔は、嫁入り道具の1つとして
雛人形が母親の実家から
贈られるのが
習慣となっていました。

しかし、これはあくまでも
昔の習慣なので
現在は父方の家が送っても
親が自分の子供に
購入しても全く問題が無いです。

雛祭りは、
貴族の遊びと
厄除けの行事が
合わさって
生まれたものでした。

ひな祭りの食事についてはこちらをご覧下さい。

ひな祭りの食べ物って?おすすめ料理のレシピも公開

普段何気なく
過ごしている雛祭りも、
こうして理由を知ることで
より楽しめますね。

女の子のお子さんがいる家庭では
次の雛祭りに
雛人形と雛壇を
飾ってみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。