手にしもやけが!原因や予防法は?

手のしもやけの原因

ツライしもやけ
原因と症状、予防法は?

冬が来ると、毎回悩まされる
「しもやけ」
しつこい痒みやツライ痛み、
何故、一度できてしまった
しもやけは治りにくいのか?

しもやけができる前に、予防
はできるのか?

医療機関に相談する前に、自分
自身で予防する手立てはあるのか?

一緒に解決していきましょう。

Sponsored Link

しもやけの原因と予防法

しもやけの原因

簡単に申し上げると、冷えや寒さで
血液の循環が悪くなり、炎症を
起こしてしまうことにより
しもやけになってしまう。

つまり、低温による血液
の血行障害です。

○普段から水に触る機会が
多い方

○ 寒暖の変化に敏感な子供

○ 血行が悪く冷え性な方

○ 水分、ビタミンEが欠如してる方

○ 多汗症(汗をかいた後に、ほおって
おくと身体が冷えてしまう為)

これらが、しもやけになる可能性
の高い方です。

しもやけの予防法

身体を長時間冷やさないこと!

※ 冷え性の方要注意。身体の末端
(手足)を冷やさないように注意しましょう。
外出時には、マスクや手袋、ヒートテックなどで
防寒をしましょう。

ビタミンの摂取

ビタミンEは、油、種実類、魚の卵に
多く含まれます。

Sponsored Link



代表的なものとして、小麦、アーモンド
うなぎ、モロヘイヤ、にんにく、生姜
などが挙げられます。

食物で摂取することが難しい
場合は、サプリメントで摂取という
方法もありです。

ビタミンCも同時に摂取することで、
より効果が得られるので、
お勧めします。

適度な運動を心がける

毎日少しづつのウォーキング
縄跳び、ストレッチ運動で、
血行を促進し、しもやけになり
にくい身体を作る。

足湯や半身浴

シャワーで済ませず、
毎日浴槽につかり、
半身浴を約30分間する。
または、足湯に入り、
身体の末端を温める。

足のつぼを刺激するという
のも効果ありです。

しもやけの治療(自宅編)

温水と冷水に交互につかる。

~血行促進方法~
1、 暑いお湯と冷たい水を用意する。
2、 患部をお湯⇒冷水 冷水⇒お湯という
具合に、交互に浸す。
3、 この行為をだいたい5~6回繰り返す。


温湿布を患部に貼る。


しもやけに効く軟膏薬を塗る。

症状が悪化してしまった場合は、
ただちに医療機関にて、診察して
もらうことをお勧めしますが、
厳しい冬が来る前に、しもやけが
少しでも予防できれば、

そして、少しでも症状がよくなり改善
されれば幸いです。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。