犬の寒さを対策する方法は?

犬 寒さ 対策

犬だって寒い!
犬の寒さ対策について考えよう!

犬は喜び庭駆け回り・・・
かもしれませんが、犬の健康を考えると
寒さ対策は無視できない問題です。

犬は人間よりも体温が高いため、
寒さには耐性があると言われていますし
もともと寒さには適応してきた動物なだけに、
大丈夫だと思い込んでいる場合も多いようです。

昨今の犬を巡ったペット事情の観点から犬の生活を見て
見ると、決してそうは言えないようです。

Sponsored Link

犬は寒さに弱くなってきた?

ペットとして犬に求めている役割が
随分と変わってきています。

番犬と言う言葉があるように、家を守る役割と
して人間の生活を共存してくることができた、信頼のお
けるパートナーだった犬ですが、癒しや家族としての
役割に変わり、室内で生活するケースが増えてきています。

大型犬であっても、散歩の時以外は
家の中で過ごしているという育て方
生活スタイルが定着しています。

気温も一定に維持できる室内で生活している犬は
寒さに対する耐性が弱くなってきているようです。

年末年始やGWなどの
長期休暇で留守にする場合
犬を残して行くときは、
暖房も維持していくことが必要です。

犬なら寒さに強いだろうを暖房を切る、
もしくは弱くして出かけて帰宅すると
犬が震えていたなんて話はよくあるようです。

寒さへの適応能力が弱くなっていることを
前提にしなければ、室内で生活させることは
できないでしょうね。

他にも子犬や老齢犬、栄養失調など
体のバランスが悪い犬は寒さに弱く
なっていると思っていて間違いないようです。

家族の一員として家の中で、また都会の住宅事情から室内で
犬を飼うケースでは、人間と同じ生活空間が必要だと認識
しておく必要があるようです。
犬だって寒いとストーブの前から離れません!

また、ヨーロッパが原産国の小型犬は
元々寒さに弱いと考えておきましょう。

Sponsored Link

アジアや南米など暖か地域が
原産の場合も同じですね。

本来の姿として、どこで生活しているのか?
を思い浮かべながら、種の故郷にあった生活
空間をベースに、少しずつ耐性を作っていってあげるくら
いの飼い方が良いと思います。

犬の寒がっている様子の見分け方

犬も話をしてくれればいいのですが、
表情やしっぽの動きだけで
読みきれるものではありませんよね。

こんな仕草は寒がっている証拠です

・背中を丸めて、頭や手足をくっつけて丸くなっている
犬 寒さ 対策

・人にくっついてくる
・ソファなど暖かい場所い移動する
・人と同じように小刻みに震えている

震えていたらすぐに分かりますが、
人にくっついてくるのは
甘えているのと勘違いしやすい行為です。

冬の散歩は要注意

犬だって、凍ったアスファルトを
歩くのはきついのですが、
寒さに負けない
エネルギーを作るためにも
やっぱり散歩は大切。

いきなり外にでるのではなく
玄関や廊下などで少し遊ばせて
体を温めてから散歩に出かけるのも効果的。

また、寒さに弱くなっていることを前提に考えると
防寒着も効果が期待できます。

犬だってしもやけになるので
足を拭く、しっかり乾かしてあげる事も心がけましょう。
犬 寒さ 対策

暖かい部屋で快適な生活を送る反面
犬にとって暑い場合があることもお忘れなく!

フローリングや窓際など犬が涼しい
と感じられる場所も確保しておいてあげることもお忘れなく。

犬も人の生活になれるために一生懸命ですから
犬への思いやりを持って接していきたいですよね。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。