慢性鼻炎とは?原因や症状はどんなの?

慢性鼻炎とは

レスキュー慢性鼻炎!!
慢性鼻炎の原因や症状について

ツライ鼻炎は、鼻に起こる
炎症性疾患です。

鼻炎にもいろいろな種類があります。
風邪に伴うウィルス性鼻炎、花粉症
などによるアレルギー性鼻炎、急性
鼻炎や慢性鼻炎があります。

ここでは、非常に長引く
慢性鼻炎について解説して
いきたいと思います。

Sponsored Link

慢性鼻炎の症状

慢性鼻炎の症状一覧

  • 両穴が開通しない。
  • 鼻がつまる
  • 鼻水が多い
  • 鼻で呼吸が困難
  • 匂いがわからない
  • 頭が重い
  • 頭痛を伴なう
  • 口で呼吸するので
    喉が非常に渇きやすい。
  • 睡眠時に無呼吸症候群に陥る
  • 副鼻腔炎になりやすい。

慢性鼻炎の場合、医療機関にて
診察を受けない限り、そのまま
治ることはありません。

症状が、急性鼻炎と似ていると
いって、そのまま放置してしまうと
鼻の粘膜が炎症によって赤く腫れて
しまうことがあります。

慢性鼻炎の原因

急性鼻炎を長引かせてしまったこと
により、慢性鼻炎になってしまう。

Sponsored Link



医療機関に行かず、市販の点鼻薬に
頼ってしまった。
 ↓
市販の点鼻薬は、即効性があり、鼻炎
に非常に効きやすいですが、副作用と
して、長期にわたり使用した場合、
鼻の粘膜が厚くなってしまいます。

急性鼻炎になるのを防ぐ方法

○ 手洗いうがいをし、口や鼻の
まわりを清潔に保つ。

○ 人ごみの多い場所では、
マスクを活用する。

○ 室内では、乾燥に注意し、
加湿器を利用する。

○ タバコを控える。

慢性鼻炎の治療方法

慢性鼻炎には、単純性鼻炎と
肥厚性鼻炎に分けられます。

【慢性単純性鼻炎の場合】

→医師の処方の下、内服薬で
治療可。

【慢性肥厚性鼻炎の場合】

→厚くなった粘膜をレーザー
で焼く手術

これでも改善が難しい場合は、
鼻腔を広げる手術を行い、入院
が必要。

皆様、ただの鼻炎
だといって放置してしまい
手遅れになっては、後悔しても
後悔しきれません。
自分自身で判断するより
鼻炎が長引く場合は、
すぐに医療機関に
足を運ぶようにしましょう。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。