生チョコの賞味期限は?保存方法はチョコレートと違います

生チョコ 賞味期限 保存方法

生チョコの賞味期限は?保存方法はチョコレートと違います


0 コメント

生チョコ

最近では、チョコレート生地に
生クリームなどを組み合わせた
柔らかいチョコレート
「生チョコ」が流行っています。

甘くて美味しいけども、
いっぺんには食べきるのは
中々難しいですよね。

そこで、生チョコの
賞味期限はどのくらいなのか?

また、正しい
保存方法について
紹介したいと思います。

Sponsored Link

生チョコはチョコレートと違う

生チョコは、
チョコレートと比べて
生クリームが全体量の
10%(水分も含める)のことを言います。

そのため、チョコレートとは
賞味期限や保存方法が
変わってくるので
注意が必要です。

チョコレートと生チョコを
比較しながら違いを
解説していきます。

 

生チョコの賞味期限はいつ?

スーパーマーケットや
コンビニエンスストアで
販売されている
板チョコレートや
手作りチョコレートによって
賞味期限は上下しますが、
手作りチョコレートの場合
「5日~6日」が
賞味期限とされています。

・生チョコの場合

生チョコは、生クリームを
使用しているため
チョコレートより早めに
食べることをおすすめします。

そのため
「3日~4日」までには
生チョコを
食べきった方が良いです。

生チョコの正しい保存方法は?

Sponsored Link



チョコレートは
「15度~22度」あたりが
良い保存方法となっていますが
生チョコの場合「13度~15度」あたりが
良い温度とされていています。

冷蔵庫で保存するようにして
常温では保存しないようにしてください。

チョコレートが溶け出すと
結露と糖分が合わさってしまい
「シュガーブルーム」と呼ばれる
白い斑点模様が出てしまい、
味が落ちてしまうそうです。

なので、チョコレートは
出しっぱなしにせずに
食べる分は出して
残りは冷蔵庫に
しまうようにしましょう。

また、冷蔵庫に
入れ続けていると
冷蔵庫内の湿気を
チョコレートが
吸ってしまうので
「ジップ付きの袋」などを使って
保管すると美味しい味を
長持ちさせることができます。

ジップ付きの袋が無い時は
ラップや新聞紙
シリカゲルを
代用しても良いみたいです。

頑張って作った生チョコを
せっかくであれば
美味しい状態で
食べてもらいたいですよね。

バレンタインに告白を
考えている方はこちらの記事を
見ておきましょう!!

本命のチョコの渡し方

 

今回紹介した方法で
生チョコを保存することを
おすすめします。

そして、手作り生チョコの場合は
作った日から「1日目」と
カウントするようにしましょう。

生チョコを誰かに
プレゼントする際は
「冷蔵庫に入れて~日までに食べてください」と
言ったり手紙として
一緒に渡すと良いですね。

PS

チョコを渡すのは
緊張するかもしれませんが
後悔しないように頑張りましょう^^

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。