子供の微熱が続く原因や対策

微熱が続く 子供

子供の微熱が続く原因や対策について

子供は、大人より皮膚が薄く、新陳代謝も
活発な為、平熱は高いですよね。
大人の平熱は、36,5度くらいですが、
赤ちゃんや子供の平熱は、36、5~37、5度
と少々高めです。
しかし、「微熱」となると子供の場合
やはり心配です。
微熱は、わずかな発熱で、熱があっても元気と
いう場合があります。
そんなに心配いらないだろうと思っていたら、
翌日急に悪くなったり、風邪をこじらせて
しまったり・・・なんてこともあります。

この微熱について解説したいと思います。

微熱

発熱によって
37.0~38.0度になった状態が微熱です。
38度以上になると高熱です。

Sponsored Link

子供の平熱を普段から測って知っておくよう
にすると、微熱が出た時に熱なのか、ただほてって
体温が高くなったのか、どっちかわかります。

微熱がでた時の症状

○ 下痢や嘔吐をしているか?
○ 食欲はあるか?
○ 水分補給はしているか?
○ 衣服の調整(厚着していないか?)
○ 日中の湿度
○ 運動量
○ 夕方になると熱があがる。

【子供の微熱が続く場合に考えられる病気】

関連記事
子供の咳が止まらない?病気の可能性は?

子供がよく熱を出す病気として代表的なもの

Sponsored Link



  • 風邪
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、咳、頭痛、
    倦怠感など。腹痛や下痢、発疹の場合もあります。

  • インフルエンザ
  • 寒気がして急激に38度以上の高熱。
    呼吸器系の症状と倦怠感。膿状の鼻汁
    や頭痛、下痢、嘔吐、関節痛。

  • 急性扁桃腺炎
  • 扁桃腺の腫れと喉の痛み。首のリンパ節
    の腫れと痛み。頭痛、倦怠感、腹痛、嘔吐。

  • 麻疹
  • くしゃみ、咳、喉の痛み、鼻水、目の充血
    目やに。発熱後2~3日で熱が下がり、口の
    中に小さな青白い斑点が現れます。
    さらに2~3日後、再び発熱し、首、額、耳
    の後ろなどに発疹が現れ、全身に広がります。
    10日ほどで回復します。

  • 突発性発疹
  • 38度~40度の急激な発熱、下痢。
    発熱後4日目頃に熱が下がりますが、胸や腹部に
    発疹が現れて、全身に広がります。
    発疹は2~3日で薄くなり、やがてなくなります。

  • ウイルス性胃腸炎
  • 吐き気、嘔吐に始まり、発熱・寒気と共に水状の
    下痢が数日間持続します。

~まとめ~

関連記事
子供のノロウイルスの症状と対策

発熱は身体が身を守る為の防御機能の一つです。
最愛の子供が、病気と戦っているのを見るのは、
つらいですが、子供が熱を出すのは、当然のこと
だと受け止め、慌てずに冷静に対処して下さい。

微熱程度なら、あまり心配はいりませんが、症状が
でてきた場合には、早めに医療機関にいって診察
してもらいましょう。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。