花見の歴史と由来は?なぜ桜を見るの?

桜 花見 歴史

お花見の意外な歴史と由来!

お花見に毎年行く方、今年こそはと
旅行の計画を立てている方、
春になれば心が躍りますよね。

今回はそんな
お花見の歴史や由来、
なぜ桜を見るのか?など
個人的に記事なることをまとめてみました。


世の中に 耐えて桜の なかりせば
 春の心は のどけからまし




Sponsored Link

この動画を見ながら、音読してみましょう!

在原業平の有名は詩です
桜がなかったら、どんなにのどかな気持ちで
春を過ごすことができるだろう
それほどまでに、桜は人の心を躍らせます。

さて、そんな桜を愛でるお花見ですが、
本来、宗教的は儀式であったことはご存知でしょうか?

そういえば、桜は神社とセットになっていることが
多いですよね。

桜の由来

山や田の神「サ」神がいたそうです。
「クラ」とは神が鎮まる座を意味しており
サ神のクラに樹木が鎮座したようです。

その樹木のことをサ+クラでサクラと
呼ぶようになったと言われています。

関連記事
河津桜まつり2015の日程や見所は?

同じような構成で出来ているのが、鎌倉らしいです。
カマ+クラの組み合わせとも言われているようです。
余談ですが。

野山に出かけて花を愛で、
その下で楽しくことは厄払いの
神様と過ごすと言われていたようです。

サ神と共に過ごすことで、
厄払いになっていたんですね。

そう考えれば、酒や歌の宴会は、神様にとって
ちょっと失礼だったような気持ちになってきました。
桜 花見 歴史

Sponsored Link

桜を見て楽しむようになったのは、
平安時代からと言われています。

おすすめの花見スポット!
東京で花見するならここがおすすめ!
京都の花見ならここがおすすめ!

貴族の間で行われていた花見は、
桜の下で詩を詠むことが目的でした。

その歌詠みの会が、
その後の花見の起源と言われています。

桜を見て歌を詠む、優雅なこの習慣は
貴族から武士へと移っていくことになります。
武士や商人の間でも行われ、
京都の寺社や山々桜の木を植えていくようになったのが、
鎌倉時代だったようです。正式な花見の宴は
5日間に渡って行われ
「お能・歌・お茶・仮想」と
盛大なプログラムが用意されていたようです。

庶民に浸透していったのはその後のこと。
金持ちであろうと、貧乏であろうと、仲間を誘って
お弁当とお酒を持って、飲めや歌えの
大騒ぎが始まりました。

日本画で花見の様子が
描かれているものも多いのですが、
皆表情が豊かで、桜の雄大さに
心を躍らせている様子がよく分かります。

寒い冬を乗り切り、暖かな日が始まる
そのアイコンとして、桜の花があり、
無事に冬を乗り切ったことと、
新しい季節が始まることに
心躍らせていたのでしょうね。

それにしても昔の方たちは
創造力が凄いなと関心させられます。

もっと身近な所で桜を楽しみたい、
もっと沢山の花を付け雄大な様子を
楽しみたいという思いから、品種改良が始まるのです。

江戸時代後期に染井村の植木屋が品種改良に成功。
吉野桜が誕生しました。

この桜が今私たちの最も身近な所で
春を楽しませてくれる
ソメイヨシノとして繁殖しているのです。

基は神の倉に出来た木。

これが人の心を奪い、日本で最も
有名と言っても過言ではない短歌を生み出し、
現在にも受け継がれている。

今年の桜は例年より、
ちょっと綺麗に見えるかもしれませんよ。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。