過食症の症状や対策について

過食症 症状

過食ってただの食べすぎ??
いえ、過食症とは、普通の食べすぎとは違います。

ストレスで暴飲暴食経験がある方もいると思います。
過食症は、心の病が潜んでいます。
人にはなかなか言えないし、分かってもらえない。
そんな孤独と戦ってる過食症。

一人で悩んでいないで、専門家に相談してみる
ことをお勧めします。

では、過食症とはどんな症状なのでしょうか?

Sponsored Link

過食症について

関連記事
嘔吐の原因はストレスなの?


過食症に「神経性大食症」というものがあります。
神経性大食症というのが、過食症のことで、過度の
飲食を行った後に、嘔吐、下痢、下剤、 利尿薬、
絶食などの代償行為をするという特徴があります。

代償行為がない場合もあり、それは
「むちゃ食い障害」と言われています。

代償行為は、薬物(下剤や利尿剤)を使用し、
慣れてきてしまうと、通常の倍以上の使用量を
使用する場合があり大変危険です。

栄養を摂取できないので、栄養失調や脱水症状
の原因になり、健康に悪影響を及ぼします。


また過食をした後に体重を増加させない為に
自発的に嘔吐を繰り返す、
「自己誘発性嘔吐」という症状があります。

食べ過ぎると太ってしまうので、食べたら→吐く
というパターンで、太らないようにするんですが、
口の中に指を入れて吐くので、手に吐きだこが
できることがあります。

Sponsored Link

過食症の原因

現代は、「ストレス社会」といわれ
誰もが多かれ少なかれストレスを抱えています。
仕事の人間関係や家族関係、学校間の友人関係、いじめ
勉強のストレス等のストレスが過食症の原因になっています。

また最近では、無理なダイエットによる
過食症を発症するケースもあります。

ストレスとうまく付き合えるような大らかな気持ちで
ストレスを溜めないようにしましょう。

過食症の特徴


○ イライラした時に過食をしたくなる
○ 食べることに異常な執着
○ 太ることに恐怖を感じる
○ 食欲をコントロールできない
○ 隠れて異常なほど食べる

また、過食が増えた以外に、
○ 疲労感が強い
○ イライラして落ち着かない
○ いくら寝ても眠い
○ 甘いものが無償に食べたくなる
○ 好きなことをすると元気になる。

等の上記症状が出た場合は、
「非定型うつ」の場合があります。

過食の期間が長く続き、自分だけでは
どうしようもできない場合は、心療内科
や精神科などの医療機関に相談して
みましょう。
いずれも一人で悩まないように。

《過食を卒業するアドバイス》

過食症は、これをすれば治るという治療法が
ないので、発症してしまうと治すのが大変
ですが、誰か自分の信頼している相談相手を
見つけると良いと思います。

また、週に一度好きなものを食べる自分への
ご褒美デーと作ることや、食べたいものをリスト
アップ、食べる時はたくさん並べて、目からも満足感
を得る。ビュッフェを食べにいく。

など、体のケアと心のケアと共にバランスよく
行えるといいと思います。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。