風邪を引くとなぜ関節痛が起こるの?

風邪 関節痛 なぜ

風邪を引くと
何故関節が痛くなるのか?

風邪の引き始めの症状が
でた~と思ったら、
あっという間に関節がぎしぎし痛み出す・・・

あれ?なんか身体のふしぶしが痛い、だるい、
寒気がする。なんて思ったら、熱があった。

なんていう経験、誰にでもあるかと思いますが、
風邪を引いたら、何故関節が痛み出すのでしょう?

Sponsored Link

風邪での関節痛の理由

理由説明

それは、風邪のウイルスに対する
免疫作用の影響で、足や腰、肩
などの関節が痛くなります。

詳しく説明致しますと、
ウイルスなどの侵入により
痛みを引き起こしているわけではなく、
自分の身体を守る為に、
必要な物質によって
痛みを感じることになります。

関節の痛み、免疫細胞が活性化する時に分泌される
PGE2という物質です。

PGE2は、関節に痛みを発生させる他に、
発熱を促す作用もあり、ウイルスと戦うための
準備段階を作っているといっていい
体に必要不可欠な物質です。

なるほど・・・
関節が痛くなる理由がわかったところで、
関節が痛くて、寝付けない。

という方もいると思います。
では、関節の痛みを和らげる方法はないのか?

「関連記事」

ノロウイルスの症状や対処法は?

関節の痛みを緩和する方法

風邪による関節痛の治し方は、特別な方法
があまりありません・・・

風邪を引いている間は、身体にとって必要な痛みです。
風邪が治れば、関節の痛みも自然と治っている
という感じですが、

痛みが辛くて休養できない・・・

という時は、解熱剤を飲みゆっくり休養しましょう。
解熱剤には、鎮痛の作用があり、頭痛や関節痛の痛み
を軽減してくれます。

Sponsored Link

風邪の引き始めの対処法

風邪の引き始めに必要なことは、
身体の免疫力を高めることです。

では、どのようにすれば、免疫が高まるのか。
保温・栄養・保湿・睡眠の4つの要素が
キーワードになってきます。


  • キーワード1;保温
  • しっかり厚着をして身体を冷やさないことです。
    足元までしっかり温めて、寝るときにも
    布団で身体を温め、汗をかくと良いでしょう。

    汗を出すと、風邪の治りが早まります。
    そして、気分が悪い時には、熱めに炊いた
    お風呂に入るといいそうです。

  • キーワード2;栄養
  • 刺激物や油物、ファーストフード、インスタント
    ものなどの消化の悪い食べ物は避け、
    あたたかくて消化のよい、お粥やうどんを
    食べると良いでしょう。

    身体を温めてくれる生姜スープもお勧めです。

  • キーワード3;睡眠
  • 身体を回復させる為にいつも以上に睡眠時間
    をとるといいですね。

    風邪の時は、汗をかいて体温を下げるので、
    す水分補給は必須です。
    枕元に、ペットボトルをおいて、喉が渇いたら
    すぐに飲めるようにしておくと良いと思います。
    また、スポーツ飲料などの飲み物も効果大です。

  • キーワード4;保湿
  • 外にいる時以外でも、睡眠時などマスクを
    着用する。

    マスクをして喉と鼻をの粘膜を守りましょう。
    マスクをすることで、保湿効果が高まります。

    部屋も換気をよくして、加湿器で乾燥しないよう
    にして、ある程度の温度を保ちましょう。

以上、風邪を引かないことが一番ですが、
引き始めのうちに、そして関節痛になる前に風邪を
やっつける!
風邪になってしまっても毎回風邪薬に頼らず、
普段から風邪に負けない健康な身体つくりを
心がけ、環境を整えたいものですね。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。