狭心症の症状は?予防や対策について

狭心症 症状 予防

狭心症についての記事です。

虚血性心臓疾患(狭心症・心筋梗塞)は、日本人の
3大死因の一つになっています。

年間の発症数は、約15万人で、そのうちの30%が
死亡しています。
欧米諸国に比べると日本は少ない方ですが、高齢者の人口
増加につれて、患者数は年々増加傾向にあります。

それでは、どんな病気なのか?
原因はなんなのか?一緒に解決していきましょう。

Sponsored Link

狭心症とはどんな病気?

狭心症は、発作的に胸の痛みや圧迫感などの
症状を引き起こす病気です。

発作の起こり方や原因などで分類されます。

・労作狭心症
・安静狭心症
・器質型(血管の強い狭窄にて起こる)狭心症
・異型狭心症
・安定狭心症
・不安定狭心症

というように6種類から分類されます。

狭心症の原因は?


原因は血管内腔が狭くなるです。
普段なら心筋に血流や酸素を送り込みますが
それが出来ないため胸が痛くなります。

血管狭窄の原因の大多数は、糖尿病・高脂血症、高血圧
などに引き続いて起こります。

心筋梗塞とは?原因や症状について

狭心症の症状は?


○ 胸が痛い
○ 胸の圧迫感
○ 胸が締め付けられる
○ 胃痛
○ 吐き気
○ 喉の圧迫感
○ 左肩の痛み
○ 歯の痛み

痛みの程度は、冷汗を伴なう強い痛いものから、
違和感程度の軽いものまであります。

狭心症の種類にもよりますが、胸痛などの症状が現れ、
ストレスや疲労感が取れ、数分で改善した場合は、救急に
病院で受診する必要はありませんが、念のため数日以内に
循環器または、内科を受診し検査を受ける必要があります。

Sponsored Link

また発作が5分以上続く、1日に何度も発作を繰り返す、
今までより軽労作で症状が現れた場合、冷汗を伴なう強い
痛みを感じた場合は、緊急の措置が必要です。

救急車を呼びましょう。

狭心症の予防は?

【関連記事】
慢性鼻炎とは?原因や症状はどんなの?


  • 高血圧・高脂血症・糖尿病の早期発見
  • 病気にならない為には、
    動脈硬化の進行を予防することが大切です。

  • 塩分・糖分・脂肪分を摂取しすぎない
  • 動物性脂食品や、インスタント食品
    ファーストフードなどの食品はできるだけ避けましょう。

  • バランスのよい食事をとる
  • 食の欧米化が進んでいますが、和食を基本として、
    食物繊維(海草・キノコ茎野菜)を多くとり、
    塩分は1日10g以下に抑え、ミネラルの多いバランス
    のよい食事を心がけましょう。

    大豆製品(納豆・豆乳・豆腐)や牛乳は身体に良いです。

  • 適度な運動をする
  • ゆっくりしたジョギングや、1日30分のウォーキング、
    軽い水泳などで、身体を毎日動かしましょう。

  • ストレスを避け、規則正しい生活をする
  • 精神的・肉体的ストレスがたまると、血液中のコレステロールが
    上昇して、動脈硬化が進行しやすくなります。

  • 禁煙
  • 喫煙は、血管収縮・血液凝固、動脈硬化をもたらします。
    禁煙するように心がけましょう。

最後に・・・

息切れや動悸、胸痛の症状が出た場合は、早期に循環器
を受診することをお勧めします。
大事な身体です。健康が第一です。

普段の生活を改善することから防ぐことができる病気です。
病気は早期発見が鍵になることもありますが、病気になる前に
今一度自分の生活を見つめなおしてみることからはじめてみませんか?

病気を防ぎ、今後も素敵なライフを送れますように。

Sponsored Link
応援お願いします!
人気ブログランキングへ

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。